top


総投稿数 本 
no_

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
no_7

【3月22日の創る】 よし。まずはインストールだ!

 2008-03-23
リアルタイム進行!生中継! このままやれば、誰でもできる
    ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓    
    ┃創┃┃る┃ ┃ぞ┃┃!┃┃で┃┃き┃ ┃る┃┃ぞ┃┃!┃    
    ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛    
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    
        ☆ インターネット 自宅サーバー ☆
                      2008/03/22 vol.3
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 さて、購入したFedora本で基礎知識は詰め込んだ。ADSLモデムの
パスワードは相変わらずわからないままだが、先に進むとしよう。
とにかくこの本を使って前に進むのだ。
    ・Fedora8 で作る最強の自宅サーバー
     株式会社ソーテック社(!)
     ISBN978-4-88166-616-6 2,780円(税別)
more

┏━┻━━━┻━┻━┓
┃ 3月22日 の 創る! ┣
┗┳━━━┳━━━━┛

 ◆pm17:00 Fedoraのインストールを決める
  (本文 41頁)

  □配布形式には6通りあり、
   そのうち、
    ・FedoraDVD(DVD配布)
     ※ハードディスクにインストールさせるためのすべて
      が詰まっている!
    ・FedoraLive(CD配布)
     ※このCDで直接Linuxが利用できる、という
      こちらでインストールもできるのだ

   もちろん「FedoraDVD」を利用しよう。

  □ハードディスク領域の確保
   ・現在 今回利用するパソコンには WindowsXPが組み込まれて
    おり、一応問題なく動いている。

   この状態では
    ・XPを削除して、新規にLinuxインストール するか
    ・新規に別のハードディスクを増設して行うか
    ・Windowsの一部をLinuxにわりあてるか
    選択肢があるが

   迷わず、Linux専用マシン として生まれ変わらせるのだ
  (本文 44頁)


 ◆pm17:20 Fedoraのインストール準備
  (本文 45頁)

  □XPを消して、完全なLinuxマシンにするためには
   FedoraDVD からブート(起動)させなければならない

    ◆通常、パソコン(以下PC)は次の順序でチェックし
     起動できるものがあれば、起動してゆく

      1:フロッピーディスク
        (最近はついていないものもあるが
         私のPCにはついている)
      2:CD/DVDドライブ
      3:ハードディスク
        (複数ある場合は注意が必要だ)

     この状態であれば、FedoraDVD を挿入して
     PCを立ち上げれば、インストール画面がDVDから
     開くはずだ。やってみよう。

     > だめだ。WIndowsXP が立ち上がってしまった。

    ◆上の順序ではない可能性がある。こういう場合は、BIOSの
     設定を確認する必要がある。

     PCが立ち上がるときに[F2]や[Delete]キーを押すと
     BIOSが立ち上がることはわかっている。立ち上がるときに
     画面下にメッセージがでるが、一瞬で消える! 早すぎて
     わからない。

     [F2]、[Delete] 順にやってみる

     > だめだ。どちらも違うようだ。
       もう一度再起動して、メッセージをなんとしても
       読むしかない。

     再度立ち上げ目を凝らす。 Press Enter と読める。
     ただ、[Enter] を押すだけなのか。

     > おぉ。BIOS が立ち上がった。
       ・・・と思ったら、これを書いている間に終了
       また XPが立ち上がる。なんだ、このPCは。

     もう一度。・・・なんだ。Enterは PAUSE なんだ。
     説明があった。 BIOS のSetup は [F1] のようだ。

     > 今度は、BIOS Setup が立ち上がった。

    ◆BIOS のSetupの中で、CD/DVDドライブの立ち上げに関する
     部分を探す。

     本の解説では、Boot というセクションの説明があるが、
     そのようなものは見当たらない。どこだ、どこだ。
  (本文 49頁)

     ・・見つけた。 Startup というセクションの中で
       First Startup : Removable
       Second Startup: HardDisk0
       Third Startup : CD/DVD-ROM
      とある。この Second と Third を入れ替えればいいわけだ。
     入れ替えて、save して再起動だ。

     > おかしい。また XPが立ち上がった。もう一度だ。

     もしかして、DVDが認識されないのか。
     CD に変えて再挑戦だ。

     > おぉぉ。今度は本当に立ち上がったぞ。


 ◆pm20:49 Fedoraのインストールだ
  (本文 50頁)

  □起動に少し時間がかかる。ほおっておくとどんどん進んでいるようだ。
   Show Detail で、現在何を行っているかがわかる。
   さらに時間がたち、しばらくすると、マウスカーソルだけの画面に
   なった。そして・・・

    ◆ログイン画面が立ち上がった。

     ・ここで、 Language をクリック
      「Japanese」を選んで、[Change Language]をクリック

      日本語の「ログイン画面」に変わったぞ。

     ・名前を入れ(fedora と入れるのだ)
      次回から「日本語」をデフォルトにする でOK。

      また少し動き出す。

      > おぉ。ここで問題発生!
        いきなり止まって

       「あなたのセッションは 10秒以上続きませんでした。
        もしあなた自身が・・・(略)・・・
        ディスクの空き容量が足りないかも知れません。
        ファイルセーフなセッションからログインし、
        ・・・(略)・・・」

        おぉ。XPに戻って空き容量増やして、やり直しか。

      とりあえず再起動してみよう。

      > おっ。今度はいけそうだぞ。
        とてもきれいな画面でたちあがった。
        これが、デスクトップか。
      ※さっきのエラーは、これを書きながらやっていたので、
       まさしく「あなたのセッションは 10秒以上続きませんでした。」
       これに引っかかったのかもしれない。

    ◆ハードドライブにインストール
  (本文 50頁)

     ・さっそくこれを選んでダブルクリック

      ・キーボードを日本語で選択し
      ・すべてのパーテーションを削除してデフォルトレイアウト
      ・削除してよいかどうかに 「はい」で進んだ
       ・・ が

      > また エラーだ。

       「要求されたパーテーションを設定できませんでした」
       「Not enough space left to create partition for /boot」

       う~ん、やっぱり 空き容量がいるのか。

       仕方がない。
       XPに戻って空き容量つくりまくってやり直しだ。


  なんとしても 今日中に決めるぞ。
    後で、もう一回配信します!
commentsコメント
comment_post












管理者にだけ表示を許可する
commentトラックバック
トラックバックURL:
http://metaboy.blog23.fc2.com/tb.php/7-bdc46483
ようこそ
Add to Google 創るmetaboy:RSSフィード
My Yahoo!に追加
最新記事のRSS | 問い合わせ

仕事検索、アルバイト検索、依頼仕事の検索ポータル - 仕事検索.COM - www.jobkensaku.com ツクルン

創るmetaboy - WEB創る、サイト創る、何創る - 創ったmetaboy

 

リンク集

 

最近の記事

 

ブロとも申請フォーム
Sponserd by

さくらのレンタルサーバ さくらのレンタルサーバ
大容量・高機能レンタルサーバー heteml 大容量・高機能レンタルサーバー heteml
XREA (ValueDomain)
お名前.com お名前.com
名づけてねっと名づけてねっと
ムームードメインムームードメイン

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。