top


総投稿数 本 
no_

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
no_597

Tour de Flex:Flex試用の期限も近づき、背水の陣。有名なサンプルアプリを落としてみる ・・・ 【Flex】

 2009-01-07
 試用版でいろいろと楽しませてもらっている Flex3
 いよいよ使用期限が1ヶ月となってしまった。
 

 何も成せてはいない
 「禁煙カウンタ」をFlexに移植しただけで、
 後1ヶ月で 何ができるのだろう。

 こうやって、投稿書いている間に「やれよ」
 と言われそうだが
 ひとたび掛かれば、中途でやめられず、
 ネットの情報収集と模索で、数時間を費やしてしまう。

 仕事も(当然!)あり、時間がとれないのだ。

 で、卑怯(?)な手だが、よく出来たサンプルを一度じっくりと
見てみよう、と。有名(らしい)「Tour de Flex」を落としてみることにした。

 ◎Tour de Flex とはどんなものなのだ!?

 追記に ▼

※この連載は、はじめて「Flex」に取り組んだmetaboyが、
 60日間体験版を利用して、ゆっくりと学んでゆく、詳細な記録です。
                      (昨日・本日の作業時間:0時間


FC2ブログランキングにほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へブログ王ランキング人気ブログランキング人気ホームページランキングへ


more**************************************************
Tour de Flex とはどんなものなのだ!?
**************************************************

 ■前評判
 /*------------------------------------------*/
  いろいろと噂は聞く。

 ・Tour de Flex

  □Tour de Flex(AIRアプリケーション)
   ( by nod::ぶろぐ:RIA::Flex/AIR/Flash さん )
※引用転載
 ・FlexのComponents ExplorerとAPI,
  さらにASでアクセスできるServiceAPIをCloudsとして
  カテゴライズして同様にサンプルを参照する事ができます
 ・その他、Data VisualizationではiLogElixir、KAP IT Lab、
  MappingではGoogle,YahooMaps,Mapquest,
  OtherにはDegrafaやSpringGraph、CoverFlowと盛りだくさんです

 ほほぅ。凄そうですね。

 【アクセス】
Tour de Flex | Flex.org - Rich Internet Application Development
Tour de Flex | Flex.org - Rich Internet Application Development 中央にデカデカとバナーが。
 早速落としてみよう。



 ■Install Now をクリック
  インストール後 開く
おぉ、なんか凄そうだな
 おぉ、なんか凄そうだな。


 【試す】

 ■UI Controlos の [Combobox] を開いてみる
UI Controlos の [Combobox] を開いてみる
 ソースが綺麗に表示されて・・・素晴らしい。
 これでなんでもできそうじゃないか。

 ■Effects の [AnimateProperty] を開いてみる
Effects の [AnimateProperty] を開いてみる
 おぉ。これだこれだ。このサンプル参照して
 「禁煙カウンタ」の 禁煙マークのアニメ創れるぞ。

 ・click ではなく、mouseDownEffect
mouseDownEffect="{animateScaleXUpDown}"

  と入れるわけだ。
 ※[Lang Ref]でリファレンスを参照できるのか。

 ・mx:Sequence
<mx:Sequence id="animateScaleXUpDown" >
<mx:AnimateProperty property="scaleX" fromValue="1" toValue="3" duration="300" />
<mx:AnimateProperty property="scaleX" fromValue="3" toValue="1" duration="1000" />
</mx:Sequence>

  >> Adobeリファレンス
    ・複数の子エフェクトを、追加された順番に再生
    ・で、これに id="animateScaleXUpDown" として
     先の mouseDownEffect で呼び出すわけか。
     ・duration : Number:エフェクトの継続時間(ミリ秒単位)
    ・つまり、
     ・プロパティ[scaleX] を、300ミリ秒 で、1倍から 3倍にして
     ・(続けて)1000ミリ秒 で、3倍から (元の)1倍に戻す
      わけだ。

  画像には、もうひとつ
 ・creationComplete で次の関数を呼んでいる
private function smoothImage(ev:Event):void{
//set image smoothing so image looks better when transformed.
var bmp:Bitmap = ev.target.content as Bitmap;
bmp.smoothing = true;
}

  ・画像の smoothing というプロパティを true にしている

 【感想】

 ■なるほどねぇ。
  このサンプルで結構理解が早まりそうだ。
 
  明日にでも時間をとっていろいろ試してみよう・・・
commentsコメント
comment_post












管理者にだけ表示を許可する
commentトラックバック
トラックバックURL:
http://metaboy.blog23.fc2.com/tb.php/597-ee066994
ようこそ
Add to Google 創るmetaboy:RSSフィード
My Yahoo!に追加
最新記事のRSS | 問い合わせ

仕事検索、アルバイト検索、依頼仕事の検索ポータル - 仕事検索.COM - www.jobkensaku.com ツクルン

創るmetaboy - WEB創る、サイト創る、何創る - 創ったmetaboy

 

リンク集

 

最近の記事

 

ブロとも申請フォーム
Sponserd by

さくらのレンタルサーバ さくらのレンタルサーバ
大容量・高機能レンタルサーバー heteml 大容量・高機能レンタルサーバー heteml
XREA (ValueDomain)
お名前.com お名前.com
名づけてねっと名づけてねっと
ムームードメインムームードメイン

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。