top


総投稿数 本 
no_

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
no_232

Amazon Webサービス その5:取得するデータ内容の把握 ・・・ 【AmazonECS4】

 2008-09-19
 AmazonWebService API の利用にトライしているが、

  感じているのは、豊富なオプション値の設定において
  ・これらをどう、うまく、確実に設定・利用できるかどうかが

   ・狙うアプリケーションを創れるか
   ・パフオーマンスをどれだけよくできるか


   に、関わるな、ということだ。

ItemSearch という関数ひとつにおいても、
 様々な指定できるオプションがあるが

 まず

 □$options['ResponseGroup']
  ・取得するデータの量・種類を設定するものが、
   最初は
     ・データ件数取得するときは、Small かな
     ・実際にデータ得るときは、リスト表示レベルだから、Midium
      だろう ・・・ ってやってた。

   でも、よく調べると、驚くほどの違いがあり
   パフォーマンスあげるためには、Small より、Subjects
   の方が、小さくていい、なんてことに気づく。

   これらは、 リファレンスにも説明はあるのだが、
   実際にひとつづつ、調べ
   var_dump しておいた。


  もちろん、自分で利用するためのものだが、
  お役に立てられる方もいるかもしれない。

  ここに、置いておきます。

◆ResponseGroup の指定別の取得された値dump


テキストファイルをみればわかるが、
(前述のように)、Small よりも、Subject のほうが、ちいさい。
Subject(タイトル)は必ずある(であろう)という、性善説に基づき、
件数取得時は、この Subject を利用することにする。

◎テスト版利用サンプル◎
・・・最新版は次回で。(このあと、すぐ!)

FC2ブログランキングにほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へブログ王ランキング人気ブログランキング人気ホームページランキングへ


commentsコメント
comment_post












管理者にだけ表示を許可する
commentトラックバック
トラックバックURL:
http://metaboy.blog23.fc2.com/tb.php/232-547d60d4
ようこそ
Add to Google 創るmetaboy:RSSフィード
My Yahoo!に追加
最新記事のRSS | 問い合わせ

仕事検索、アルバイト検索、依頼仕事の検索ポータル - 仕事検索.COM - www.jobkensaku.com ツクルン

創るmetaboy - WEB創る、サイト創る、何創る - 創ったmetaboy

 

リンク集

 

最近の記事

 

ブロとも申請フォーム
Sponserd by

さくらのレンタルサーバ さくらのレンタルサーバ
大容量・高機能レンタルサーバー heteml 大容量・高機能レンタルサーバー heteml
XREA (ValueDomain)
お名前.com お名前.com
名づけてねっと名づけてねっと
ムームードメインムームードメイン

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。