top


総投稿数 本 
no_

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
no_128

Ruby:◇文字列:オブジェクトとStringクラス ・・・ 【Ruby:12歩目】

 2008-07-22
第12歩
 ◇文字列:オブジェクトとStringクラス



 □文字列とは文字が並んだデータのこと ・・・ 改めて、はい
 □Rubyでは、文字列をオブジェクトとして扱う ・・・ はい

 +++++++++++++++++++++++++++++++++++
 Stringクラス
 +++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ・文字列オブジェクト の属しているクラスを調べる

p "創るmetaboy".class #=> String
> 確認した

 □クラスは、オブジェクトの設計図 だ


 +++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ・文字列オブジェクトが持っているメソッド
 +++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ・文字列オブジェクトは Stringクラスのオブジェクト ゆえに
   > 文字列が持つメソッドは
     Stringクラスに定義されているメソッド のことだ

  ・文字列オブジェクト の属しているメソッドを調べる

p "創るmetaboy".methods
String
%
select
[]=
inspect
taguri
<<
each_byte
clone
gsub
casecmp
display
public_methods
to_str
partition
tr_s
taguri=
empty?
instance_variable_defined?
tr!
freeze
equal?
rstrip
*
match
grep
chomp!
+
next!
swapcase
ljust
to_i
swapcase!
respond_to?
methods
between?
upto
reject
sum
hex
dup
insert
reverse!
chop
instance_variables
delete
dump
__id__
tr_s!
concat
member?
method
succ
find
eql?
each_with_index
strip!
id
rjust
to_f
send
singleton_methods
index
collect
oct
all?
is_complex_yaml?
slice
taint
length
entries
chomp
instance_variable_get
frozen?
upcase
sub!
squeeze
include?
instance_of?
__send__
upcase!
crypt
delete!
to_yaml_style
detect
to_a
zip
lstrip!
type
center
<
require_gem
object_id
instance_eval
protected_methods
map
<=>
rindex
require
>
any?
==
is_binary_data?
split
===
strip
size
sort
instance_variable_set
gsub!
count
succ!
downcase
min
extend
kind_of?
squeeze!
downcase!
intern
>=
gem
to_yaml_properties
next
find_all
to_s
<=
each_line
to_yaml
each
rstrip!
class
slice!
hash
sub
private_methods
tainted?
replace
inject
=~
tr
reverse
untaint
nil?
sort_by
lstrip
to_sym
capitalize
max
chop!
is_a?
capitalize!
scan
[]
unpack
> こんなにあるんだ!覚えている人はいるのだろうか?

★例★
  ・文字列が持っているメソッドを呼び出すには
p "創るmetaboy".upcase #=> "創るMETABOY"
> 確認した

 [upcase]
 ・Stringクラスで定義されている
 ・小文字を大文字にするメソッド
 このほか 文字列を置き換えるメソッドとして

 [downcase]
 ・大文字を小文字にするメソッド
p "創るMETABOY".downcase #=> "創るmetaboy"
> 確認した

 [capitalize]
 ・先頭の1文字を大文字に残りを小文字にする
p "metaboy".capitalize #=> "Metaboy"
> 確認した
p "創るmetaboy".capitalize #=> "創るmetaboy"
> 確認した

※phpの場合
文字列置き換え操作例
関数[strtolower] 小文字に変換
$var="創るMETABOY";
echo strtolower($var); # "創るmetaboy"
関数[strtoupper] 大文字に変換
$var="創るmetaboy";
echo strtoupper($var); # "創るMETABOY"
関数[ucwords] 先頭の1文字を大文字にする
$var="metaboy";
echo ucwords($var); # "Metaboy"
また、phpのテンプレート方式として
広く利用されている[Smarty]においては、
{$変数名|capitalize} という方法で、
Rubyのcapitalizeと同じような働きをする「修飾子」が存在する




FC2ブログランキングにほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へブログ王ランキング人気ブログランキング人気ホームページランキングへ
commentsコメント
comment_post












管理者にだけ表示を許可する
commentトラックバック
トラックバックURL:
http://metaboy.blog23.fc2.com/tb.php/128-c2b31768
ようこそ
Add to Google 創るmetaboy:RSSフィード
My Yahoo!に追加
最新記事のRSS | 問い合わせ

仕事検索、アルバイト検索、依頼仕事の検索ポータル - 仕事検索.COM - www.jobkensaku.com ツクルン

創るmetaboy - WEB創る、サイト創る、何創る - 創ったmetaboy

 

リンク集

 

最近の記事

 

ブロとも申請フォーム
Sponserd by

さくらのレンタルサーバ さくらのレンタルサーバ
大容量・高機能レンタルサーバー heteml 大容量・高機能レンタルサーバー heteml
XREA (ValueDomain)
お名前.com お名前.com
名づけてねっと名づけてねっと
ムームードメインムームードメイン

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。