top


総投稿数 本 
no_

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
no_1110

サブドメインとプロジェクト構築:VPS開発サーバーで構築中。今度は、サブドメイン用意して、新しいプロジェクトを構築してゆく。面白くなってきた。熱中してます。記録しておこう ・・・ 【仮想サーバー】

 2009-10-06
 VPSサーバー利用した構築。
 また同じことやる時のメモとして、記録しておく。

【今回のテーマ】
 ■サブドメインの導入・新しいsymfonyプロジェクトの構築


  追記に ▼

  ※2009/10/08 さらに追記



◇最近の関連記事
 ・バーチャルドメイン:VPS開発サーバーで構築中。いくつかの新しい独自ドメインをバーチャルドメインとして機能させる。記録しておこう ・・・ 【仮想サーバー】
 ・メール送信:symfonyでSwiftMailer利用。思ったより時間かかったなぁ ・・・ 【symphonyで、創るぞ】
 ・symfony:開発サーバーで構築していた、symfonyによるプロジェクトを今構築中のVPSサイトに移植。SAFE MODE だから、少々やっかいなんだよな ・・・ 【仮想サーバー】
 ・yum:yum というパッケージ管理システムがある。これ本当に便利。構築中のVPSに用意してphpのバージョンをあげておこう ・・・ 【仮想サーバー】

FC2ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ ブログ王ランキング 人気ブログランキング 人気ホームページランキングへ


more

************************************************
◎ サブドメインの導入・設定:VPSサーバー構築
************************************************


 ■サブドメイン利用準備
  現在利用している、VPSサーバー:使えるねっと においての
   ・サブドメイン 導入 の記録。


  □使えるねっと のPlesk 8.6.0
   ・利用するドメインを選択し
    ・[サービス] で、[サブドメイン] を選択
     [サービス] で、[サブドメイン] を選択
    ・新しく用意する サブドメインを設定
     新しく用意する サブドメインを設定


   この処理により、物理的には
   サブドメインの場所が用意される


   ・メインのルートディレクトリ
     /var/www/vhosts/(ドメイン名)/ 以下に
     /var/www/vhosts/(ドメイン名)/subdomains/(サブドメイン名)/
     として作られている。


  ※ただしこのままでは
   物理的に用意したに過ぎない。
   (サブドメイン名).ドメイン でアクセスできるようにするには、

  □使えるねっと のコントロールパネル で
   ・[すべてのマイドメイン]で、
    ・該当するドメイン を選択後、
     [編集] > [DNSゾーン]
     [編集] > [DNSゾーン]
     ここで、新規レコードとして
      (サブドメイン名).ドメイン を用意する。
     (サブドメイン名).ドメイン を用意


  ※で、しばらくたって
     http://(サブドメイン名).ドメイン で、アクセス
   無事、
     http://(サブドメイン名).ドメイン
     で、アクセスすることができた。


 ■メールアカウントの準備
  ※これも、作成自体は、Plesk 8.6.0 で
   簡単に行える。
   ・利用するドメインを選択し
    ・[サービス] で、[メール] を選択
     > 新しいメールアカウントの追加


  覚えておくべきは、
  ・クライアントメールソフトでの設定
   (私は、Becky! を利用しているのだが)
   □SMTP を デフォルトの「25」から「587」に変更
   □SMTP認証にチェックを入れる
   クライアントメールソフトでの設定
    ※最近は、この設定が多くのサーバーで
     必要になっていますよね。


 ■データベースの準備
  ※これも、簡単。
   ・利用するドメインを選択し
    ・[サービス] で、[データベース] を選択
     > 新しいデータベースの追加
    ・作成されたデータベース を選択
     > 新しいデータベースユーザの追加


 これで、場所の準備は完了。次に、
 ■symfony でプロジェクトの準備
  ※このあたりが、
   サーバーの中にバーチャルドメイン利用した
   メリットだろうなぁ。
   ※前に入れた symfony の基本部分はそのまま使える。


  □新しい、サブドメイン用のディレクトリ以下に
   プロジェクト用のフォルダを用意し
     /var/www/vhosts/(ドメイン名)/subdomains/(サブドメイン名)/(プロジェクト名)
   そこで、SSHにより
$ symfony generate:project (プロジェクト名)

  □データベースは、MySQL を利用してる(上記)。
   その橋渡しとなるO/Rマッパは、標準の "Propel" ではなく
   (私には)使い易い "Doctrine" を利用する。


   □(アプリケーションフォルダ)/config/ProjectConfiguration.class.php
class ProjectConfiguration extends sfProjectConfiguration
{
public function setup()
{
# // for compatibility / remove and enable only the plugins you want
# $this->enableAllPluginsExcept(array('sfDoctrinePlugin', 'sfCompat10Plugin'));
$this->enablePlugins('sfDoctrinePlugin');
$this->disablePlugins('sfPropelPlugin');
}
}

   □(アプリケーションフォルダ)/config/databases.yml
all:
main:
class: sfDoctrineDatabase
param:
dsn: 'mysql:host=localhost;dbname=*****'
username: *****
password: *****
encoding: utf8
persistent: true
pooling: true
 ・・・だけに変更

  □データベースは先に用意しているので
   (この最初のDB用意は、やり慣れた、テキストコーディング
    と、mysqlコマンドで作成)


   ・最初の作業として
$ symfony doctrine:build-schema
 を実行。
   □(アプリケーションフォルダ)/config/doctrine/schema.yml
    できあがるが、
    ・symfony:あれからどうしたって!? 随分作業して環境も一新(Propel > Doctrine)・・・ 【symfonyで、企業サイトを創る】
     の記事にあるように一部修正。
   ・続けて、
$ symfony doctrine:build-model
$ symfony doctrine:build-form
 とすることで、基礎クラスファイル群が用意された。
  ((アプリケーションフォルダ)/lib/model/doctrine 以下
   (アプリケーションフォルダ)/lib/form/doctrine 以下)

 この後は、今回のプロジェクトの特性を考慮しつつ
 今まで学んだ、symfonyの仕組みを生かしながら
 基礎構築作業が続く。
 (・・・というか、やっと終わったのだけれど)
 ※こうやって何度も何度も同じ作業を繰り返し
  身体で覚えてゆくのだ。 ・・・ いくつになっても。


 今後この、新しいプロジェクトで、symfonyを利用するに当たり
 おそらく新しい知識や方法論を会得してゆくだろう。
 このブログで、詳細報告してゆきます。


【追記:2009/10/08】
 ■VPSサーバーにおける
  ・サブドメインでのルーティング


   今利用している VPSサーバー:使えるねっと では、
   ・サブドメインが
     /var/www/vhosts/(ドメイン名)/subdomains/(サブドメイン名)/
     として作られ、
    ・http://(サブドメイン名).ドメイン でアクセスした場合
     /var/www/vhosts/(ドメイン名)/subdomains/(サブドメイン名)/httpdocs
     が、Webルートとして表示されるわけだ。


   この設定・記述は、親の
     /var/www/vhosts/(ドメイン名)/conf/httpd.include
     にある。ここに、
<VirtualHost (IPアドレス):80>
ServerName (サブドメイン名).(ドメイン名):80
SuexecUserGroup ***** psacln
DocumentRoot /var/www/vhosts/(ドメイン名)/subdomains/(サブドメイン名)/httpdocs
CustomLog /var/www/vhosts/(ドメイン名)/statistics/logs/access_log plesklog
ErrorLog /var/www/vhosts/(ドメイン名)/statistics/logs/error_log
ScriptAlias /cgi-bin/ /var/www/vhosts/(ドメイン名)/subdomains/(サブドメイン名)/cgi-bin/
・・・・・(以下 略)

   メインドメインの httpd.include にあった、
Include /var/www/vhosts/(ドメイン名)/conf/vhost.conf
 の記述がなく、サブドメイン用の設定・記述も、
   直接ここに書かれているわけだ。
   ・そこで、メインドメインと同じように、この
    新しいドメインの httpd.include にも
     ・同じように、vhost.conf をインクルードする記述を加え
      vhost.conf を作成・用意。
   ・さらに上記サブドメインの記述にも
     ・同じように、vhost.conf をインクルードする記述を加え
Include /var/www/vhosts/(ドメイン名)/subdomains/(サブドメイン名)/conf/vhost.conf
      サブドメイン下の confフォルダに、vhost.conf を作成・用意。

 ※これで、下準備完了。


使えるねっとのVPS(仮想専用サーバー)月2480円~

commentsコメント
comment_post












管理者にだけ表示を許可する
commentトラックバック
トラックバックURL:
http://metaboy.blog23.fc2.com/tb.php/1110-059bb2c1
ようこそ
Add to Google 創るmetaboy:RSSフィード
My Yahoo!に追加
最新記事のRSS | 問い合わせ

仕事検索、アルバイト検索、依頼仕事の検索ポータル - 仕事検索.COM - www.jobkensaku.com ツクルン

創るmetaboy - WEB創る、サイト創る、何創る - 創ったmetaboy

 

リンク集

 

最近の記事

 

ブロとも申請フォーム
Sponserd by

さくらのレンタルサーバ さくらのレンタルサーバ
大容量・高機能レンタルサーバー heteml 大容量・高機能レンタルサーバー heteml
XREA (ValueDomain)
お名前.com お名前.com
名づけてねっと名づけてねっと
ムームードメインムームードメイン

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。