top


総投稿数 本 
no_ star_y
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
no_4444 star_y
昔からとても有名ですね。
一発太郎
 ・運営しているサイトを早速、依頼させていただきました。
 ・HTML状態をチェックしてくれたり、確実に進化していますよ。

また、こんなところもありますね。とても簡単です。
無料検索エンジン登録  ・・・むちゃくちゃ簡単!
no_4242 star_y
MYSQL
 ◇load data infile


少し大きめのCSVファイルをデータベースに取り込むスクリプトを書いていて、今まで
は、
 ・fopen でファイルを開き、廻して、insert していたが
あまりにも時間がかかりすぎるので、

直接
 ・loda data infile を、phpで処理しようとした。

ところが・・・・

 Access denied for user'hogehoge'@'localhost'(using password:YES)

・データベース接続に、アカウントとパスワードは問題ない
(他の select や update 系の命令はきちんと通る)

・ファイル権限かもしれないが
(参考)
http://www.yamalab.net/blog/sarumack/2006/09/mysqlload_data.html
 > 借りているレンタルサーバーでの処理で
    root権限はないので
    grant は打てない

  ▼

ふと思いつきで
「load data local infile ・・・」 と local を入れてみた

  ▽

簡単に通り、一瞬で読み込みが完了!
なぁ~んだ。local ってこういうときにも使うのか。

FC2ブログランキングにほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へブログ王ランキング人気ブログランキング


no_4141 star_y
(ちょいと重い処理のスクリプトをブラウザでロボットしたら・・・)

********************************************
・インターネットエクスプローラーを利用していて
 Internet Explorer ではこのページは表示できません
********************************************


  ・タイムアウトか?

 >ネットで調べる
   タイムアウトであれば

 :IEのKeepAliveタイムアウト値を設定する ぞ
http://journal.mycom.co.jp/column/winxp/098/

(引用)
1.<スタート>メニュー→<ファイル名を指定して実行>と選択。
2.「名前」に半角で「regedit」と入力し、<OK>ボタンをクリック。
3.「レジストリエディタ」が起動したら、HKEY_CURRENT_USER→
Software→Microsoft→Windows→CurrentVersion→Internet Settingsとキーをたどって開く。
4.<編集>メニュー→<新規>→<DWORD値>と選択し、名前を「KeepAliveTimeout」とする。
5.「KeepAliveTimeout」をダブルクリックで開き、<10進数>をチェックする。
6.「値のデータ」を「300000」に書き換えて<OK>ボタンをクリック。
7.<×>ボタンを押して、レジストリエディタを終了する。
8.後はWindows XPに再ログオンして設定完了。

これでKeepAliveのタイムアウト値が5分になる ・・・

ということで、 10分にした。

 さて、どうなった?

  ▼
no_4040 star_y
第5歩
 ◇条件分岐


それではいよいよ
・実用的なプログラム作成には不可欠な
 制御構造として
 ・条件分岐 と 繰り返し を学んでみる。

◇条件分岐
条件が変わることにより動きを変えることは、実用的なプログラム
では不可欠であり、またロボットのように様々な処理をさせる醍
味でもある、といえる。

ruby の if文は非常にシンプルで

if 条件式

end

となる

・条件式において
 == 等しい
!= 等しくない
という書き方、比較演算子は他のプログラムと同じだ

・条件式が真なら true
 条件式が偽なら false

・組み合わせて条件式の選択肢を広げるのは
 else と elsif だ

kion = 20 # 気温を変数にいれ
if kion > 25
puts "今日は 暑いです"
else
puts "それほど暑くありません"
end

この結果は、それほど暑くありません が表示される


これに、さらに elsif を加えて

kion = 20 # 気温を変数にいれ
if kion > 25
puts "今日は 暑いです"
elsif kion > 20
puts "今日は 少し暑いです"
else
puts "それほど暑くありません"
end

という使い方を確認する。





FC2ブログランキングにほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へブログ王ランキング人気ブログランキング


no_3939 star_y
第4歩
 ◇文字列の入力


puts メソッドは、文字や数値を表示させるためのものだが
入力を受け付ける場合は、gets メソッドが用意されている

ukeire = gets # 受け入れ変数を指定し入力待ち状態になる
・ここで文字列もしくは数値を入れると
 その値が表示される
puts ukeire #=> 入力された値を表示



・任意の表示文字列と対話形式で展開すると

puts "今年は何年?" #=> 質問を表示し
ukeire = gets # 受け入れ変数を指定し入力待ち状態
puts "#{ukeire}です" #=> 入力された値を 文字列と同時に表示


しかしこのままでは

今年は何年?
2008
2008
です

となる

・getsメソッドで受け入れた文字列には 末尾に改行文字(\n)
 が付加されるため
 それを取り除くためには
chomp メソッドを使用する

puts "今年は何年?" #=> 質問を表示し
ukeire = gets.chomp # 受け入れ変数を指定し入力待ち状態
puts "#{ukeire}です" #=> 入力された値を 文字列と同時に表示


とすれば

今年は何年?
2008
2008です

となる

さて、これで基本的な部分は終えておこう。このほかにも多くの
メソッドが存在するが必要に応じてマニュアルを参照してゆこう。
※php,perl,javascript,vba,c そして ruby など同時に並行する
 プロジェクトで 複数の言語利用することも多く、それぞれの
 命令やメソッドで混乱してきそうだ。
no_3838 star_y
第3歩
 ◇変数


いよいよ変数だ。これを利用しないで実用に耐えられるプログラムは
なかなかつくれない
・これはオブジェクトに名前をつける行為である
・変数に値を関連付けることを「代入」という
・もちろん変数名は自由だ

hensu = "中身は値だ"
puts hensu #=> 中身は値だ


・変数名は半角文字を利用
・予約語(ruby の中でシステム的に利用される名前)は
 変数名に利用できず、代入は行われない

< ruby の予約語 >

alias and
BEGIN begin break
class case
ensure END else elself end
def defined? do
flase for
if in
module
nil not next
or
redo resuce retry return
self super
then true
undef unless until
when while
yield


class = "これは予約語"
class = 1
どちらも
(ファイル名):18: syntax error, unexpected '='
  と、エラー表示になる
no_3737 star_y
第2歩
 ◇四則演算


計算式に利用される記号は、phpやjavaScriptなどと同じ標準的な +-*/ が利用される

・足し算 + 記号を利用
puts 1 + 2 + 3 #=> 6


  数値オブジェクトと文字列オブジェクトは足せない

puts 1 + "2" + 3 #=> 6
(ファイル名):7:in `+': String can't be coerced into Fixnum (TypeError)
from (ファイル名):7

  と、エラー表示になる

(PHPでは?)
echo (1 + 2 + 3);
echo (1 + "2" + 3);
としても、エラーなく、共に答えは 6 で表示される

no_3636 star_y
 少しづつ、Ruby を学んで行く。ここに記録したことが誰かの役にたつかもしれない。
下記の書籍を購入して学習している。

 はじめてのRubyプログラミング (TECHNICAL MASTER (52))
 秀和システム 2400+tax ISBN978-4-7980-1943-7

第1歩
puts "hello world"?

 お決まりのやつですが、天邪鬼なので ちょっと変えた。
 テキストファイルにエディタで
puts "最近どう?"

 と書き、
  ・ファイル名前 hello.rb とし、
   作業フォルダ F:\work\ruby\work に保存

 コマンドプロンプトで
F:\work\ruby\work>ruby hello.rb (と打つと)
最近どう?

  > OK!

 (PHP なら)
  echo "最近どう?" あるいは print "最近どう?" だな。

第1.1歩
 ソースファイルを編集
 参考書籍にあるように
puts 1 + 1

 と変えて実行
F:\work\ruby\work>ruby hello.rb (と打つと)
2

  > OK!

第1.15歩
 文字列 日本語表示について

 日本語表示の際、Shift-JIS ファイルを利用する場合は
 ruby コマンドに -Ks をつけるということ
 ・・だが つけなくてもうまくいったのは何故?

第1.16歩
 コメント

 コメントは # を利用(それ以降がコメント扱い)

print "最近どう?" #息子に言われた

 (PHP なら) # あるいは /* から */ の間

F:\work\ruby\work>ruby hello.rb (と打つと)
最近どう?
  > OK! あれ?

 間違って puts でなく print と打っちゃったのだがOK
 そうか、print はメソッドとしてrubyにもあるんだ
 じゃあ、やっぱり puts は php の echo にあたるのかな。


第1.17歩
 実行順所と終了

 ruby もインタプリンタなので、やはり上から下に順に実行される
 終了させるのに exit メソッドがあるのも php と同じだ

第1.2歩
 print と改行文字

 printは、文字列表示はするが、改行しない!
 ということだ(おぉ、phpとは違う)

 print "最近どう?"
 print "ぼちぼち"
 puts "最近どう?"
 puts "ぼちぼち"


というソースにして
F:\work\ruby\work>ruby hello.rb (と打つと)
最近どう?ぼちぼち最近どう?
ぼちぼち

  > なるほどね。

 (PHP なら)
 ためしに、
print "最近どう?"
print "ぼちぼち"
echo "最近どう?"
echo "ぼちぼち"
?>


というソースにして
F:\work\ruby\work>php hello.php (と打つと)
ナ近ど・レぼで近ど・レぼ

 ※実は、php もすでに入れてます
 ・改行しない
 ・文字化けだ

要は、自動的に改行してくれる puts メソッドが
ruby ならでは、ということなのだな。


第1.3歩
 数値オブジェクト と 文字列オブジェクト

 ・ruby の中では、数値と文字列ははっきり区別される
 ということで

 puts 0 # これは数値になり
 puts "0" # これは文字列になる という


を実行すると

0
  > OK! あれ?文字化けだ
    ※コメントの全角空白が影響か?
  やはり、指示通り -Ks オプションで
  試す

F:\work\ruby\work>ruby -Ks 1_3.rb
0
0
  > OK!

このように見た目は 同じ 0 だがこれを
「pメソッド」で表現すると

 p 0
 p "0"
F:\work\ruby\work>ruby -Ks 1_3.rb
0
"0"
  > 文字列の場合、文字列がダブルクォーテーションで囲まれ
    文字列であることがはっきりする わけだ

#=>
 ・コメントの書き方の定石
 ・結果を表示する方法として利用される

(例)
p 100 #=>100
・[pメソッド]は、オブジェクトの内容を示すため
 100 というオブジェクトの内容は 100 であると
 コメントしている
no_3535 star_y
 最近、Rubyのうわさを聞く。とてもエレガントですばらしいプログラミング言語
らしい。とにかく「やりたがり屋」のmetaboyとしては、Rubyを習得する決意を
した。他にも並行してプロジェクトを進めているが、情報を連係しながら短期習
得をめざす。

1:書籍を購入
 はじめてのRubyプログラミング (TECHNICAL MASTER (52))
 秀和システム 2400+tax ISBN978-4-7980-1943-7 を購入した。

 「はじめての」というぐらいだからとても平易にかかれている。
 もちろん私は、プロのプログラマーで、すでにPHPやVB,Cといった言語で事
をしている。しかし、Rubyははじめてだ。初心にかえって丁寧に学んでゆく。

2:ダウンロード
 最新のものをダウンロード取得する
 ・最初に
   Windows用のバイナリファイル
   http://www.garbagecollect.jp/rubnload/release.htmly/mswin32/ja/dow
   取得
   ・ruby-1.8.6-p114-i386-mswin32.zip

   > うまくゆかなかったので

   WIndow用にセットアップが用意されている
   http://rubyforge.org/projects/rubyinstaller/
   から
   ・One-Click Installer - Windows(ruby186-26.exe)

 取得ファイル解凍後、
 ・インストール
   ダブルクリック
   > 何も変更せずそのまま進行 > finish

2:開発準備
 ・自動的にパスが通るようだが、
  手動で行うには、
   環境変数として、D:\usr\local\rubyを追加
  (これは私の環境)

  ・[設定][コントロールパネル][システム] で
   [詳細]タブの[環境変数]
    [システム環境変数]で Path を選び [編集]クリック

  ・c:\ruby を追加する(前の値との間に ; を入れる)

  ・ちょこっと便利技準備
 ・スタートメニューから
  コマンドプロンプトをマウス右クリックで
  [ショートカットの作成]
  できあがったショートカットを右クリックで[プロパティ]選び
  ・[ショートカット][作業フォルダ]に 作業用に用意したディレクトリ
   F:\work\ruby\work
  ・[全般]で名前を コマンドプロンプト_ruby_work としておく

  このショートカットを開けば
  私の作業用ディレクトリで、pathの通ったコマンドプロンプトが開く。
  ※でも、
   スタートメニューの ruby のグループに
   インタラクティブなコマンドコンソールあるけどね。


3:起動確認

 「バージョン確認」
 ・コマンドプロンプト_ruby_work 立ち上げ
  プロンプトで
Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

F:\work\ruby\work>ruby -v (と打つと)
ruby 1.8.6 (2007-09-24 patchlevel 111) [i386-mswin32]


  > OKだ!
no_3434 star_y
1:ダウンロード
 最新のものをダウンロード取得する
 http://www.php.net/downloads.php
 で手に入る。

  ・サイトにアクセスし、
   [Windows Binaries] から、
   PHP 5.2.6 zip package [9,516Kb] - 3 May 2008 を選ぶ。

   ・クリックすると ミラーサイトを選ぶ画面に移動するので
    jp.php.net をクリック > ダウンロード開始

   ・作業用のディレクトリにダウンロード、解凍

2:セットアップ と php.iniの設定
 解凍したフォルダ
 php-5.2.6-Win32 の名前を
 php に変更し、c:\ に複写
 c:\php とする

  フォルダを開き
   php.ini-dist というファイルを php.ini に名前を変えてコピー、
   ※これが、phpの設定ファイルとなる

   [ php.ini の設定 ]
    php.ini を、C:\WINDOWS\system32 にコピー
    エディタで開いて下記を編集

  --- 『magic_quotes_gpc』 エスケープ処理をはずす ---
; Magic quotes for incoming GET/POST/Cookie data.
; magic_quotes_gpc = On
magic_quotes_gpc = Off

  ※magic_quotes_gpcがOnの場合、 エスケープ処理が行われ、
   \(バックスラッシュ)、"(ダブルクォーテーション)、'(シングルクォーテーション などが
   \マークが自動的に付加されてしまう ことを防ぐ

  --- 『extension_dir』 phpのエクステンション・ディレクトリの設定 ---
; Directory in which the loadable extensions (modules) reside.
; extension_dir = "./"
extension_dir = "C:/php/ext/"

 
 ・続けて、extension の利用設定
  ※私は次のdllを有効にしました。
extension=php_gd2.dll
extension=php_mbstring.dll
extension=php_mysql.dll


  --- 『mbstring』 漢字コード関係 ---
[mbstring]
output_handler = mb_output_handler

; language for internal character representation.
mbstring.language = Japanese

; internal/script encoding.
; Some encoding cannot work as internal encoding.
; (e.g. SJIS, BIG5, ISO-2022-*)
; mbstring.internal_encoding = EUC-JP
mbstring.internal_encoding = UTF-8

; http input encoding.
mbstring.http_input = auto

; http output encoding. mb_output_handler must be
; registered as output buffer to function
; mbstring.http_output = SJIS
mbstring.http_output = UTF-8


  --- 『mail function』 メールアドレス関係 ---
[mail function]
; For Win32 only.
SMTP = localhost
smtp_port = 25

; For Win32 only.
sendmail_from =***@*********

  ※私のメールアドレスを登録

  ▼
 さらに










ようこそ
Add to Google 創るmetaboy:RSSフィード
My Yahoo!に追加
最新記事のRSS | 問い合わせ

仕事検索、アルバイト検索、依頼仕事の検索ポータル - 仕事検索.COM - www.jobkensaku.com ツクルン

創るmetaboy - WEB創る、サイト創る、何創る - 創ったmetaboy

 

リンク集

 

最近の記事

 

ブロとも申請フォーム
Sponserd by

さくらのレンタルサーバ さくらのレンタルサーバ
大容量・高機能レンタルサーバー heteml 大容量・高機能レンタルサーバー heteml
XREA (ValueDomain)
お名前.com お名前.com
名づけてねっと名づけてねっと
ムームードメインムームードメイン

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。